コーヒーは体に良いのか悪いのか*コーヒーと自律神経*

2016年2月15日(月)

コーヒー大好きな方~
 
多いですよね(*^^*)
 
 
今日はちょっとコーヒーのお話を o(^-^o)
 
 
体に良いとも悪いとも言われるコーヒー。
 
その効能は色々なところで特集を組まれたり
ネットで調べたらいーっぱい出てきますね。
 
 
でも
 
コーヒーと自律神経との関係
 
のお話って聞いたことありますか?
 
 
今日はその視点から書きたいと思います~♪
 
 

コーヒーは自律神経にどう作用するのか

 
食べ物や飲み物が自律神経に影響するって
知っていましたか??(#^.^#)
 
 
全部が全部じゃないけど
自律神経に関係するものがあります。
 
その1つがコーヒー。
 
 
 
コーヒーは『交感神経』を刺激します。
 
交感神経というのは
「やるぞぉ~!」という闘争(OR逃走)の神経。
 
 
*コーヒーを飲むとシャキッとする
 
*コーヒーでやる気が出る
 
というのは交感神経をちょいと刺激してくれるからなんですね~
 
 
ただし…
 
この交感神経が優位になると
主に末梢の血管がキュッと収縮して血流が悪くなります。
 
 
だって戦うときは心臓とか筋肉に一番血がほしいでしょ?
末端の血管にはそんなにいらないでしょ?
 
じゃ~血液を必要なところに回しましょ!
 
 
というのが私たちの身体の仕組みです。
 
自律神経のことを考えると
人間もちゃんと動物だよなぁ。っていつも思いますね。。
 
 
で。。。
 
交感神経が優位になる

血流が悪くなる

身体が冷える
 
 
∑((゚д゚;ノ)ノ
 
 
そう。
コーヒーは陰性の食物。
 
コーヒー豆は『コーヒーベルト』と呼ばれる、赤道を挟む一部の地域でしか育ちません。
 
よく知られているように
コーヒーはもともと温かい地域の人に適した食べ物なんですね。
 
 

コーヒーで頭痛が楽になる?

 
血流を悪くする、ということで
 
「コーヒーで頭痛が楽になる」と言われることがあります。
 
 
血管が拡張しすぎて炎症をおこしたり
ふだん血流が悪い人がいきなり血流が良くなったりすることで
頭痛が起きている場合、
 
血流を悪くすることで痛みが緩和されます。
 
 
でもこれはあくまで一時的なもの。
 
偏頭痛を持っている人の根本的な原因は他にあるのですから…
 
 
いやいや
それでもできるだけ鎮痛剤を飲まないで頑張ろうっと思っている人には
いいかもしれませんね(*^^*)b
 
 

コーヒー断ちで妊活!

 
不妊や妊活の話題になると
なかなか一つのことだけでは…というのが本当のところ。
 
それでも、上記までの説明で
コーヒーの作用がお分かりいただけたのであれば
 
きっと
 
『コーヒー断ちで妊活』
 
の意味も容易に想像がつくかと思います♪
 
 
そうです!
 
身体を冷やさない
 
 
コーヒーを一日に3杯も4杯も飲んでます
朝晩、関係なく飲んでます
夏はアイスコーヒーも飲みます
 
 
という方が
 
「赤ちゃんが授かる努力をしています!」
 
っていうのはなんだかもったいない(´・ω・`;
 
 
コーヒーだけじゃないですよね。
陰性の食物や冷えた食べ物もそう。
 
 
妊活の基本は、体を温めること。
 
 
でも
コーヒーを辞めたらストレスが溜まって溜まって…!
 
ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿
 
というなら、それは危険です。
 
ストレスも交感神経を優位にして、血流を悪くしちゃいますから~
( ノω-、)
活性酸素も増えちゃうし。。
( ノω-、)
 
 
徐々に飲む回数・量を減らしていったり
まずは夜からやめてみたり
と段階を踏むのをおすすめします?
 
 
***
 
コーヒーに含まれているものは
私たちの身体に良い効能をもたらすものもたくさんありますよね。
 
でも
血流が悪く、身体が冷えている人や妊娠を望む人が
日常的に1日に何杯も飲むのは
あまり良くないといえるでしょう・・
 
 
コーヒーを飲むことで
ストレス解消になったりリラックスできる人が適度に飲むのは
良いですよね。
 
ちょっと疲れたなぁ。でももうひと頑張りしたい!というときには
コーヒーは私たちの体に”やる気”をくれます。
 
 
結局はその人その人の、摂取の仕方や
その時の身体の状態に合っているかどうかによって
 
薬にも毒にもなる…と私は思っています。
 
 
少し前に『コーヒーを飲んだら血流が増加!』という記事もありましたが
こういった実験も
どんな人を対象にしているのかによって変わってきますしね。
 
疲れていたりストレス過多の状態で
コーヒー大好き~?な人が飲んだら
 
”ほっ”とリラックスできて
 
一時的に副交感神経(リラックスの神経)が優位になって
血流が良くなることもありますよ~
(だから安易にとびつくのは注意。。)
 
適度な交感神経優位の状態は血流が良くなるとも
言われています
(安保先生より直接聞きました)
 
 
ひとつ、確実に言えることは
 
コーヒーは赤道付近の地域で育つ、陰性食物である
 
ということ。
 
 
これはゆるぎない事実です。
 
陰性食物が私たちの身体に与える影響と
 
コーヒーのたくさんの効能を
 
知っておきつつ
自分なりの摂取の仕方をしていきたいものです♪ヾ(o´∀`o)ノ
 
画像
 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
リンパドレナージュサロン&スクール Pierre Blanc
http://rinpa-pbc.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:埼玉県川越市菅原町7-17伊勢原八番館603
TEL:.080-9268-6444
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

引用元:コーヒーは体に良いのか悪いのか*コーヒーと自律神経*