私の平熱が38.6℃になったワケ その4【温活*体温を上げる】

2016年10月13日(木)

体温を上げるとどんないいことがあるかな?

 

代謝、血流、免疫が上がってエネルギー量も上がるし、デトックスをする力も高くなる。
病気に強くなるし疲れにくくなって、”生きるパワー”のようなものも冷えていたときとは全然違う!

 

身体があたたかいと 気持ちも変わります!(*´∀`*)
カツカツしなくなったというか、イライラしなくなったというか(自分比)
前向きになったというか寛容になったというか。うまく言えないんだけど…そんな感じっ!
なんとなく伝わるかな~~(・?・;

冷えが原因で起きる症状はたくさんあるからそれともバイバイできたこともすごく大きい!

頭痛
冷え性
生理痛、PMS
不眠、寝つきが悪い
むくみ
疲れやすい
自律神経の乱れ
やる気がおきない

などなど…
バイバイしたいよね!!!!(><)

それでは!
36.3℃で冷え性だった私

低温期 38.6℃

高温期 37.2℃

に変わった体験談シリーズのラストです~

読んでいない人はこちらから♡ どうぞ~ (っ・ω・)っ
1.『私の平熱が36.8℃になったワケ その1
2.『私の平熱が36.8℃になったワケ その2
3.『私の平熱が36.8℃になったワケ その3

***

9.生活

ほんの4、5年前(まだこの仕事をしていない頃)は「自律神経ってなに??色々読んでもよく分からない~」という状態の私でしたが、今は自律神経を大切にした生活リズムにしています。

夜はできるだけ早く寝て、朝を大切にする。
でもね、スマホは見ちゃう(><)今できるだけ離れるように努力中です(汗)

そういえば、電化製品も少しずつ減っていきました。
・電気ケトル ⇒ ホーローのケトル(ガス)
・炊飯器 ⇒ 土鍋(ガス)
・電子レンジでチン ⇒ せいろで蒸す・温める(ガス)

全部じゃないけどね。

やっぱり電子レンジは便利だし…フライパンとかも鉄製を使うようになったけど、テフロン加工のフライパンも時々使います。
やっぱり便利だしね…(^^;

利便性って大きな魅力だと思います。
だから無理せず、疲れているときや時間のないときは全然電化製品に頼っています。
江戸時代の生活をしろっていうわけじゃないですよ~(^0^;)

まぁ電磁波は、できるだけ…ね。
でも電化製品を全部片付けたら、キッチンスペースがすごく広くなって”スッキリ状態”が好きな私はそれも嬉しいひとつです♡(*´m`*)
あとは。。なんだろ。。
こんな感じかな~?

あ!
よく「やっぱり冷房はつけないんですか?」と聞かれます。

冷房は、そう、昔はできるだけつけないようにしていましたが(家が風通しとかを大切にする造りになっているのでよく風が通るんです)今はワンコと暮らしているので、普通に冷房をつけています。

ただ、寝るときは扇風機のみですね。
クーラーを使わなくても特に問題がないので。。

冬も、寝るときは何もつけません。
なぜなら、寝室にクーラーがないのです!!(@@;
あはは(^^

以前はオイルヒーターを使っていましたが去年はそれすらもつけなくなり…みんなで布団にくるまって寝ています。
特に誰も不満を言わないので、おそらく今年の冬もそうなるでしょう。。

でも、寝苦しいようだったら無理して頑張らなくてもタイマーとかを使いつつ冷房や暖房の力を借りる方が賢いと思います。

えーっと

まだあるような気もするけど、思い出したらまた書きますねヾ(*≧∀≦*)ノ
みなさんもぜひぜひやってみてください!!(*^^*)

一気に全部やろうとせず、できることから一つずつ!!

私も
「冷たいビールは飲まない方がいい」とか
「コーヒーは1日1杯まで」とか
無理なんで!!笑

好きなものや、譲れないものは誰しもあると思います。
手放せる”時”がくるのを待つのもいいんじゃないかと(*^^)

あまり自分を追い込まずに、やっていくのが長続きの秘訣ですね(^^v

身体は絶対変わりますから!!!(≧▽≦)

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます!
もし気になることがあれば、サロンにいらした際やメールなどで何でも聞いてくださいね~(v´∀`)ハ(´∀`v)